社長の想い

はじめまして、代表の武藤真紗世です。

 

■ホームページは私の手作りです
はじめまして、「ヘナとヘッドスパ専門美容室 セザム」を運営する代表の武藤真紗世です。数ある美容室の中から「セザム」のサイトにお越しいただき心から感謝致します。

このホームページは、白髪染めやおしゃれ染め、髪や頭皮のトラブルに悩んでいる方のために、その問題を解決作の一つとしてお手伝いをさせていただきたいと作りました。

プロの業者さんにデザインや作成を頼んだのではく私自身がすべて手作業で作成したものです。

それは、私自身が吟味しインドでの品質管理を行う中、なるべくお安くかつ、より良い品質の商品を提供したいという願いから、余分なコストをかけたくなかったからです。

ヘナは、品質が命です。いくら物価の安いインドとはいえ品質管理、畑等の高いクオリティーの商品を管理するのは、かなり大変なことです。しかもこのところのヘナ人気で、ヘナの価格も上昇気味になっております。 また、最近インドから聞こえてくるニュースでは、世界中でヘナブームのため、悪質な業者も増えてきています。そんな中で、品質を常に最高の状態にしておくのは、とても大変なことなのです。


■まずは、私の履歴から
ここで、私自身のお話を少ししたいと思います。私は、地元の学校を卒業した後、東京「セツモードセミナー」を卒業し、ヘアメイクの仕事をしておりました。しばらくして、岐阜に戻り、母の経営する美容室で働くことになりました。当時は、バリバリのファッション追求型のいわゆる、かっこいい美容師。

数年後、めでたく女の子を出産。このときから、私の人生が180度変わることになります。

生まれて間もない我が子が、ひどいアトピー性皮膚炎だったのです。ちょっと目を離すと、そこは血の海。まるで殺人現場のような有様でした。毎日忙しく、美容師としての仕事をしながら、
「なぜ、うちの子がこんなことになったんだろう?」
と悩むようになりました。色々と勉強してみると、私が毎日いる、この美容室という空間は、お客様をきれいにするところなのに
毒ばかりだということを知ることになるのです。

パーマ液・カラー剤・シャンプー・トリートメントそれら髪や頭皮に直接付くもの、そして、美容室特有の「パーマ屋さんの臭い」
これらほとんどすべてが、体に良くないものだということが分かりました。

一体これからどうすればいいのだ!

悩みました。

私は、シングルマザーです。私が働かないことには、生活はままなりません。しかし、それより大変なことは、その働いていたお店は、母の店。当時、社長は父、妹はマネージャー。その他たくさんのスタッフ。私が「ヤ~メタ」では、スタッフはもちろん、家族中が路頭に迷ってしまいます。

■運命の出会い
当時の私は、ヘナが大嫌いでした。なぜなら、東京時代(1990年代)お世話になっていた美容室で、ヘナをお客様に施術していたのですが、髪がどんどん赤くなって、パサパサ気味の傷んだ髪になっていく、そんな代物だったのです。

「ヘナで髪を染めると、黒くなるし、髪がバサバサになってくんだよね」というのが、その当時の私のへナに対するイメージでした。(この思いは、未だ多くの美容師さんが持っています)

ところが、ある日、ある方が「へナって、すごくいいよ!」としつこく、しつこく言って来る人がいる。本当にしつこかったのです。仕方がないので、お休みの日に、やってもらいに行きました。

そこは、美容室ではなくマッサージ屋さん。シャンプー台は、ありません。なのでシャンプーは、流し台に頭を突っ込んで洗ってもらいました。もちろんブローなんてこともできません。ドライヤーを渡され、「自分で乾かしてね」ってな感じでした。・・が、・・・

 

何かが違う???
私が思っていたのは、髪がどんどんバサバサで、髪色真っ黒ってのがへナ。

でも今、私の髪はサラサラしている。鏡を覗き込んでみると艶まである。
これはなんということ??

■へナ、探求の旅が始まる
思い立ったらすぐ行動!の私。それから、今度は、ヘナ探求の旅が始まりました。とはいえ、当時まだ勉強をしようとしても、誰もヘナのことを詳しく知っている人がいません。それでも、手当たり次第、本を手に取り、一生懸命に勉強しました。 すると、ヘナは品質が命だということがわかってきたのです。美容材料屋さんに、「手に入るヘナを全部ください」とお願いして、当時いたスタッフに、どのヘナを使ったのか言わないで実験しました。すると、私がしたへナと同じヘナをした子だけが、「ヘナってすごいですね!」との言葉。やはり品質に差がある!すぐにインドに飛びました。

 

■インド訪問

はじめてのインドは過酷極まりない世界でした。 今でもその時を思い出すと、涙が出てきそうなくらいです。 (しかし、今日では、全くインドになじみ、暮らしてもかまわないと思うほどです^^) インドの首都デリーに降り立ち、ヘナの里、ラジャスタン州ソジャトまでは、車で約2日。当時は、ガタガタの道をひたすら2日間揺られて向かいました。 到着したところは、見渡す限りのヘナ畑。素晴らしい景色です。